(有)南都ホーム

スタッフブログ

足元の寒さ対策(基礎断熱)

2020年 09月 29日 (火)

南都ホームの坂元です。

都城市も朝晩が涼しくなってきました。
過ごしやすい季節になってきましたが、都城市は朝晩と昼の温度差があって
体調を壊しやすいところでもあります。
なので、都城市は夏の暑さと冬の寒さの対策が必要になってきます。
都城に住んでいる方はわかると思いますが、盆地なので冬になると床冷えしますよね。
(どこも同じか・・・)
部屋を暖めているのに足元が寒いという経験です。
そんな思いをしたくなければ、足元の断熱対策も必要になります。
そこで今日は、【足元の断熱(床下の断熱)】について書いてみます。
南都ホームは、足元の断熱に【 基礎断熱 】を採用しています。
足元の断熱は大きく分けて「基礎断熱」と「床断熱」があります。
今日は「床断熱」のことは省略します。(ごめんなさい)

 


「基礎断熱」は家の基礎を断熱する事で床下も「部屋の中」という位置づけです。
つまり、床下も部屋と考えます。
なので、基礎には換気の為の穴も隙間もありません。
虫も湿気も入れません!です。
そして、基礎の内側に断熱材を貼って外からの熱を中に伝えないようにするのです。
じゃあ、床下の換気はどうするの?
というと、24時間機械換気で常に外に排出するので大丈夫です。
実際、住んでみての私の感想は
床冷えで
・寒くて朝起きれない とか
・風呂上りの脱衣場の床が寒い とか
・寒くてトイレに行きたくない とか
は感じないです。
他のお客さまの感想も同じような感想でした。

”なぜ、南都ホームが基礎断熱を採用しているのか”
実際、住んで体験されている方の声があるから、が一番の採用条件もありますが、
メンテナンスで私も床下に潜る事があるのですが、床下もカラッとして湿気を感じない、
そして、ホコリも少なく生きている虫を見ない。
床下の木材が湿気で傷んでいるような様子を見ない。
ジメジメしていないのでシロアリ対策にもメリットがある。
カラッとしているので家の土台を湿気で傷めにくい、などです。

 

こういった事から20年前から採用しているんです。
少々長くなってしまいました。今日はこの辺で。ではでは。

#基礎断熱
#南都ホーム
#宮崎
#都城
#小林
#曽於
#家づくり
#家づくり塾
#リフォーム
#リノベーション
#新築
#注文住宅
#快適空間

«